ハーブティー<アンゼリカルート

更年期障害や冷え性の緩和 胃の不調を改善するのに役立つ

ヨーロッパのアルプス地方原産とされるアンゼリカ。その昔、このハーブは強力なヒーリングパワーをもつと考えられていたため、「天使のハーブ」ともいわれました。

この根を、婦人科系の鎮静、強壮のための薬草として用いていたようです。アンゼリカルートティーも、更年期に起こる冷えやのぼせ、体力低下、また月経前症候群の諸症状を緩和するのに役立ちます。

血液や体液の循環を促すので、冷え性や貧血などの改善にも効果があります。さらに、消化器系の働きを促すので、田目の不調や胃かいようなどを軽減する効果も。食欲のないときは、食欲を促すのにもよいでしょう。

効能と飲み方

効能:血行促進、強壮、解毒、利尿、鎮痛、鐘痙、子宮刺激、発汗、
香りと味:スパイシーな香りで、少し苦みがある味。
飲み方:細かく刻んでから、シングルまたはブレンドで。やや長め(5~10分)に抽出する。食前に飲む。
注意点:服用後、長時間紫外線にあたることは避ける。妊娠中や、子どもへの使用は避ける。チンキ剤を作って使う(滋養強壮に)。

●学名/Angelica arcbaelica
●科名/セリ科
●ティーに使う部分/根
● 主要成分/精油、クマリン、アンゲリカ酸、樹脂、デンプン、苦味質

次⇒アニスシード