ハーブティー<フェンネル

消化促進、むくみ防止に役立つほか、母乳の出をよくするのにも有効

古い時代から薬草として用いられてきたフェンネル。古代のギリシャ人は、ダイエットに利用していました。 料理のスパイスとしても使われ、なかでも魚との相性がよいことから「魚のハーブ」ともいわれます。

フェンネルティーは、消化酵素の分泌を刺激して消化を促す効果があり、食べ過ぎたときに飲むと胃もたれを防いでくれるでしょう。

腸内にたまったガスを取り除く働きもするため、おなかが張って苦しいときにもおすすめ。利尿作用が、むくみの防止にも役立ちます。

また、ホルモン様作用があることから、母乳の出をよくしたり、生理痛をやわらげる効果もあります。

効能と飲み方

効能:血液循環促進、抗癌攣、刺激、抗炎症、利尿、去癌、ホルモン様、消化促進
香りと味:甘みのあるスパイシーな香りと味。
飲み方:軽くつぶしてから、シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。食前に飲む。
注意点:妊娠中、婦人科系の疾患のある人は多用を避ける。子どもへの使用は避ける。
利用法:ティーを使ってうがいをする(歯肉炎の予防、のどの痛みに)。料理に使う。

●学名/foeniculum vulgare
●科名/セリ科
●ティーに使う部分/種子
● 主要成分/精油、脂肪酸、フラボノイド、ビタミン類、ミネラル
次⇒ブラックコホシュ