ハーブティー<ゴッコーラ

脳や神経系に作用し記憶力や集中力アップ

インドやタイなど、アジアの暑い地域で民間薬として使われているゴッコーラ。アーユルヴェーダでは、長寿のハーブとして、健康のために用いられています。

中枢神経を刺激し、脳を活性化させる働きがあるので、記憶力や集中力を高めたい会議前や試験前に、ゴッコーラティーを飲むとよいでしょう。また、神経系に作用し、心をしずめる効果もあります。気持ちを一新させたいときのティーブレイクや、精神的な疲れをやわらげたいときにもおすすめです。

そのほか、肝臓の機能を高めたり、血行を促して冷えや一屑こりを改善するのにも役立ちます。

効能と飲み方

効能:強壮、血行促進、解熱、免疫賦活、洗浄、苦味消化促進、緩下
香りと味:くせのない味で、さわやかな草原の香り。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
注意点:妊娠初期の使用は避ける。
利用法:チンキ剤を作って使う(ハーブティーにブレンドを)。

●学名/Centella asiatica
●科名/セリ科
●ティーに使う部分/地上部
●主要成分/ヘテロシド、トリテルペン酸、配糖体、  樹脂、タンニン、精油
次⇒コリアンダ―