ハーブティー<ジンジャー

からだを温め、風邪や冷えを改善乗り物船酔いなどむかつきも有効

東洋、西洋を問わず、古い時代から風邪や悪寒に効果のある薬として用いられてきたハーブ。次第に料理にも使われるようになり、東洋では、生の状態で魚や肉の臭み消しや風味づけなどに利用されています。

乾燥させた根を浸出させたジンジャーティーは、からだを温める効果が高いのが特徴。足先までポカポカと温まるので、冷え性の人や、風邪のひきはじめ、悪寒を感じるときなどに飲むとよいでしょう。

また胃を温めることで、食欲を促し、消化を助ける働きもします。むかつきや吐き気をおさめる作用もあり、乗り物酔いを緩和させるのにも効果的です。

効能と飲み方

効能:制吐、鎮痙、殺菌、纏風、血行促進、発汗、去痕
香りと味:スパイシーで辛みのある刺激的な味と香り。
飲み方:細かく砕いてから、シングルまたはほかのハーブ、紅茶とブレンドして。ハチミツを加えてもおいしい。
注意点:胆石のある人は医師に相談する。妊娠中の使用は避ける。
利用法:バスタブに入れて入浴する(冷え性や風邪のひきはじめに)。

●学名/Zingiber officinale
●科名/ショウガ科
●ティーに使う部分/根茎
● 主要成分/精油、デンプン、ジンゲロール、ショウガ オール、ジンゲロン、ビタミン類、ミネラル、アミノ酸
次⇒スカルキャップ