ハーブティー<ジャスミン

その魅惑的な香りが心のバランスをとるのみ役立つ

ジャスミンは、アジアから中東、地中海沿岸にいたる広い地域で、古くから好まれてきた花です。日が沈んでから濃厚で甘い香りを漂わせるため、インドでは「夜の女王」と呼ばれ、ローズと並んでもっとも愛されているハーブのひとつ。

エキゾチックな香りから、裾薬としても利用されてきました。ジャスミンティーには気分を高揚させる働きがあり、落ち込んだ気持ちを回復させてくれます。また、女性の生理、生殖機能にも有効に働きかけます。

リラックス効果もあることから、心の緊張をときほぐしたいときにもおすすめのティー。幸福な気持ちにさせながら、次第に心のバランスが保たれていくでしょう。

効能と飲み方

効能:鎮静、催淫 香りと味:優雅で甘い花の香りで、すっきりとした味わい。
飲み方:ほかのハーブ、紅茶、中国茶とのブレンドがおすすめ。
香りが飛びやすいので、少量ずつ買うか、できるだけ早めに使いきる。

●学名/Jasminum officinale
●科名/モクセイ科
●ティーに使う部分/花
●主要成分/ベンジル・アセテート、インドール
次⇒ジュニパーベリー