ハーブティー<ジュニパーベリー

むくみや泌尿器系の感染症を改善消化促進や食欲増進にも役に立つ

高木の針葉樹、ジユニパー。そのすぐれた殺菌、消毒作用が古くから知られており、アメリカの先住民が風邪の治療にこの実を用いたり、フランスの病院では、枝を焚いて空気を清浄したといわれています。

ジュニパーベリーは、ジュニパーの実を乾燥させたもの。肉料理の臭み消しのスパイスとして有名なだけでなく、ジンの香りづけとしてもよく使われています。ティーにすると、体内にたまった老廃物や毒素を排出する働きから、むくみを防いだり、泌尿器系の感染症を改善させるのに役立ちます。

また、胃健作用があるため、食べ過ぎたときの消化を促したり、食欲を促すのにも効果的です。

効能と飲み方

効能:発汗、利尿、解毒、健胃、食欲増進、殺菌
香りと味:ウッディーで、甘くピリッとした風味。
飲み方:スプーンの背などで軽くつぶしてから、シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
注意点:4~6週間の継続的使用は不可。炎症を伴う腎疾患には禁忌。
利用法:ティーを化粧水として使う(ニキビや湿疹の消毒に)。ウオッカに漬け込んでハーブ酒を作る。ポプリ作りに使う。

●学名/Juniperus communis
●科名/ヒノキ科
●ティーに使う部分/液果
● 主要成分/精油、フラボノイド、タンニン、ビタミン頬、糖類、樹脂
次⇒ジンジャー