ハーブティー<クローブ

消化を促し口臭も防止食後のティーにブレンドして

クローブの花が開く前のつぼみを摘み取り、乾燥させたハーブ。このつぼみが釘の形に似ていることから、フランス語のClou(釘の意味)が由来となって名づけられたといわれています。

スパイシーな強い香りがあり、臭み消しの作用をもつことから、甘いお菓子から料理まで使えるスパイスとして活躍。ガラムマサラにも欠かせない材料です。クローブティーには、消化を促す効果があり、口をすっきりさせる働きもあるため、食後のティーにぴったり。

ただし、シングルでは薬っぼくて飲みにくいため、フルーティーな香りのハーブなどとブレンドしたほうがよいでしょう。

効能と飲み方

効能:抗酸化、消化促進、鎮痛、防腐、殺菌、催淫
香りと味:刺激的ななかに、フルーティーさをもつ味と香り。
飲み方:半分に折ってから、シングルまたは紅茶やほかのハーブとブレンドして。
注意点:香りが強いので使用量に注意する。
利用法:ティーを使ってうがいをする(口臭に)。ゴキブリなどの殺虫剤として使う。

●学名/syzygium aromaticum
●科名/フトモモ科
●ティーに使う部分/花のつぼみ
● 主要成分/精油、タンニン
次⇒コーンシルク