ハーブティー<マルベリー

糖分の吸収を抑える働きが、ダイエットや糖尿病に役立つ

マルベリーは、蚕が食べる葉として知られている桑の葉のこと。なかでもマグワは、中国でもっとも用途の広い薬用木のひとつとされています。日本でも、古くから健康茶として利用されてきました。  

葉に含まれる成分に糖分の吸収を抑える働きがあるため、食前に飲めばダイエットに役立ちます。血糖値の上昇も防ぐので、糖尿病の予防にも役立つでしょう。

また、腸内のビフィズス菌など善玉菌の働きを高めるので、便秘の改善にも有効。おだやかな解熱作用があることから、子どもが熱を伴う風邪をひいたときに飲ませてもよいでしょう。

効能と飲み方

効能:血圧降下、利尿、解熱、消炎、鎮咳、血糖値降下、強肝
香りと味:やや苦みのある味わい。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
利用法:パウダー状にしたものを化粧品のパック剤として使う。

●学名/Morus alba
●科名/クワ科
●ティーに使う部分/葉
●主要成分/デオキシノジリマイシン、ガンマアミノ酪酸(GABA)、クロロフィル、シトステロール、ミネラル
次⇒マレイン