ハーブティー<オレガノ

刺激的な価おいで消化を促し気持ちの高ぶりを抑える

古代ギリシャ・ローマ時代から、消化機能を高め、頭痛やリウマチ痛をやわらげるなど、薬卓として利用されてきたオレガノ。ピザやトマト料理などに使うスパイスとしてもよく知られています。

コショウのような刺激的な香りをもつ葉で入れるオレガノティーは、あと味がさっぱり。胃腸の調子を整え、消化を促す効果があるため、食べ過ぎたときに飲んでおくと、消化を助けます。

また、強壮作用もあり、せきをしずめたり、筋肉の痙攣や、神経性の頭痛、生理痛などをしずめるのに役立ちます。神経が過敏になっているときは、気持ちの高ぶりを抑えてくれるでしょう。

効能と飲み方

効能:強壮、消化促進、健胃、整腸、殺菌
香りと味:くせがある、ほろ苦いスパイシーな味。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
利用法:ティーを使ってうがいをする(せきに)。料理のスパイスに使う。ポプリにしてシューズキーパーに使う。

●学名/Organum vulgare
●科名/シソ科
●ティーに使う部分/葉
● 主要成分/精油、タンニン、樹脂、苦味質

次⇒オレンジピール