ハーブティー<ラズベリーリーフ

出産を楽にして母乳の出をよくする安産のためのハーブティー

子宮に対する働きが古くから知られていたラズベリーリーフティー。 欧米では「安産のハーブティー」ともいわれ、妊娠後期や出産直後にこのティーを飲む習慣がありました。

出産時は、陣痛の苦痛をやわらげ、子宮収縮の効率を高めて、出産を助けるといわれます。 また、産後に飲むと、母乳分泌を促し、母体の回復を高める効果もあるとされています。

生理痛や月経前症候群の予防にも有効です。 粘膜の炎症をしずめる働きや、収れん作用もあるので、軽い下痢や歯肉炎、のどの痛みがあるときに飲むと、気になる症状が緩和されます。子どもの下痢止めにもよいでしょう。

効能と飲み方

効能:収れん、強壮、子宮筋調整
香りと味:やや甘い香りで、くっきりとした味。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
注意点:妊娠初期には多量に使用しない。 利用法:ティーを使ってうがいをする(のどの痛みに)。

●学名/Rubus idaeus
●科名/バラ科
●ティーに使う部分/葉
● 主要成分/ブラガリン、精油、タンニン
次⇒ラベンダー