ハーブティー<レモングラスティー

胃の働きを刺激して消化を促す効果

レモングラスは、タイ料理のトムヤムクンなどに使われおり、東南アジアの エスニック料理には欠かせない食材です。レモングラスは、カレー料理に加え たり、スープやソースなどの香り付けに使います。肉や魚料理に使うと生臭さを 和らげてくれます。

インドでは数千年前から、レモングラスは感染症や熱病に効く薬草として 利用されてきました。中国では、全草を下痢、はしか、のどの痛み、頭痛など に使われています。 レモングラスティーは、ドライハーブとフレッシュハーブのどちらでも使えます。

レモングラスティーは、胃の働きを刺激して消化を促す効果や貧血予防の 効果があります。 レモングラスというだけであって、レモンの香りがします。 味は、わずかに酸味のあるレモンの味がします。香りをたくさん楽しみたい時は、 フレッシュを使いましょう。

効能と飲み方

効能:殺菌作用、健胃、消化促進、貧血予防 香りと味:わずかに酸味のあるレモンの味
飲み方:フレッシュハーブはカップ1杯に対して15cmくらいを刻んで使っいましょう。
ドライハーブは通常の飲み方で。シングルまたはブレンドでどうぞ。
注意点:妊娠中の使用は避けましょう。

●学名/Cymbopogon citratus
●科名/イネ科
●ティーに使う部分/地上部
● 主要成分/精油 、フラボノイド
次⇒レモンバーベナ