ハーブティー<リコリス

胃炎やアレルギー症状を緩和する甘みの強い低カロリーのハーブ

タバコや飲料、砂糖菓子などの香りづけに使われるリコリス。砂糖の50倍の甘さをもちながら低カロリーなので、ダイエット甘味料としても用いられています。リコリスティーーには、胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜を保護する働きがあります。

さらに抗アレルギー、去疾作用があることから、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器を鎮静させるのにも有効。さらに、副腎皮質ホルモンと似た作用があるため、ストレスからくるうつやイライラ、消化不良などを緩和するのにも役立ちます。

シングルで入れると甘みが強いティーに。そのため、ほかのハーブの苦みをやわらげるためによく使われます。

効能と飲み方

効能:抗炎症、解熱、去疾、利尿、抗アレルギー
香りと味:ほのかな森の香りと強い甘み。
飲み方:シングルだと甘みが強いので、ブレンドで通常の飲み方、または煎剤にして。
注意点:長期使用、多量の服用は避ける(1日の使用量1~5g、6週間の使用が上限)。適量を守り、妊娠中、授乳中、高血圧の場合は使用を避ける。
●学名/Glycyrrbza glabra
●科名/マメ科
●ティーに使う部分/根
●主要成分/配糖体(グリチルリチン、グリチルリチン酸など)、サポニン、 フラボノイド、苦味質、精油、クマリン、アスパラギン、エストロゲン物質
次⇒リンデン