ハーブティー<ローズマリー

ローズマリーは古代から若さを保つ薬草や香水などに利用されてきました。ローズマリーは海辺に生息し、波しぶきのような色と形の花を咲かせます。この名がラテン語の「海のしずく」という言葉に由来しています。

和名は、万年朗といわれ永遠の青年という意味で名付けられたそうです。ローズマリーティーは、目が覚めるような刺激的な味と香りが特徴的です。ローズマリーティーは、血行を促して代謝を活発にして血管を強くする作用があります。

また、心身の疲労を癒やし、脳の働きを活性化して、記憶力や集中力を高める作用もあるといわれています。さらに、殺菌、消化作用にもすぐれ、風邪や頭痛、消化不良の緩和にも役立ちます。 様々な効能があるハーブといえます。

効能と飲み方

効能:抗酸化作用、肥満予防、血行促進作用、消化促進、うつ病予防、肩こり、更年期障害 、低血圧予防、肝臓不調改善、関節炎改善

香りと味:目が覚めるような刺激的な香りがします。くせが少なく飲みやすく、かすかな苦みがあります。

飲み方:シングルまたはブレンドでどうぞ

注意点:妊娠中や高血圧の人は、連続して長期間飲用するのは避ける。香りが強いので、ブレンドするときは量を控えましょう。


●学名/Rosamarinus officinalis
●科名/シソ科
●ティーに使う部分/地上部
●主要成分/精油、フラボノイド、フェノール酸、カルノシン酸(ロスマリン酸)、トリテルペン酸、タンニン、

近年、フェノールの一種のロスマリン酸には、強力な抗酸化成分があることがわかり、注目されています。
次⇒ワイルドストロベリー