ハーブティー<サフラワー

冷え性や生理不順などに効く女性にやさいいハーブ

サフラワーの花は、古くから赤や黄色の染料として利用されてきました。 エジプトのミイラの着衣は、この花で染められたものであることがわかっています。日本ではべ二バナと呼ばれ、染料のほか、口紅にも使われています。

中国では、昔から「血を動かす」薬草として使用。このことからもわかるように、サフラワーティーは、血流を刺激して血行を促し、からだを温めるので、冷え性を改善するのに役立ちます。

また、通経作用にすぐれていることから、生理痛や生理不順、更年期障害といった婦人科系の症状にも有効。そのため、女性にやさしいハーブといわれています。

効能と飲み方

効能:血行促進、子宮収縮、通経、発汗、緩下
香りと味:やわらかいフローラル系の香りと独特の風味。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
注意点:子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中の人は使用を避ける。出血性疾患、消化性のかいようのある場合は避ける。キク科アレルギーの人は注意。
利用法:バスタブに入れて入浴する(冷え性に)。染料として使う。

●学名/Cartbamus tinctorius
●科名/キク科
●ティーに使う部分/花
● 主要成分/脂肪酸、リグナン、フラボノイド、ステロール
次⇒サマーセーボリー