ハーブティー<セントジョンズワート

うつな気持ちに働きかけ明るくしてくれるハーブ

古くからすぐれた鎮静作用をもつことで知られ、うつ病や不眠の治療などに用いられてきたセントジョンズワート。欧米などでは、「サンシャイン・サプリメント」とも呼ばれています。  

脳内のセロトニン濃度を高め、抗うつ作用を発揮します。心労が重なり、弱気になったり、不安で落ち着かないときに、これで入れる温かいティーを飲むとよいでしょう。

更年期や生理時のうつに対しても、すぐれた効果があるといわれています。鎮静作用もあり、生理痛や生理不順、消化不良、せきにも有効。子どものおねしょを改善するのにも役立ちます。

効能と飲み方

効能:抗うつ、鎮静、抗菌、抗腫瘍、収れん、去癌、利尿
香りと味:すこし苦みのある味で、すっきりとした香り。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。

注意点:大量を長期にわたって飲用しないこと。MAO阻害薬に作用することがある
※ 薬との相互作用があり、抗HIV薬、血液凝固防止薬、免疫抑制薬、経口避妊薬,強心薬、気管支拡張薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬を服用中の人は使用を避ける。妊娠中、授乳中の使用は避ける。まれに光感作作用を示す場合があるので、使用直後、強く紫外線に当たることは避ける。
利用法:チンキ剤を作って使う(化粧品として)。浸出油を作って使う(化粧品、マッサージオイルとして)。

●学名/Hypericum perforatum
●科名/オトギリソウ科
●ティーに使う部分/花、葉、茎
● 主要成分/フラボノイド、タンニン、精油、樹脂、配糖体
次⇒ソウパルメット