ハーブティー<スカルキャップ

心の緊張や不安を取り除きおだやかにしてくれる強壮剤

アメリカンインディアンが、毒虫やヘビの嘆傷、狂犬病、過度の性的興奮、生理痛の治療薬として、昔から利用しスカルキャップ。

ヨーロッパでは狂犬病の薬として紹介されたため「狂犬のハーブ」ともいわれていました 今日では、神経を強壮にして活性付するミネラルを豊富に含むことから、神経系に働くハーブティーとして上く利用されています。

忙しい毎日の暮らしのなかで心に抱えがちな緊張や不安。神経過敏、ヒステリー、神経衰弱、うつ、パニックなどの緩和に有効。疲れているのに、神経がたかぶって眠れない夜に飲むと、心の緊張が次第にほぐれてくるでしょう。

効能と飲み方

効能:おだやかな収れん、強壮、神経鎮静、錘痙、利尿
飲み方:香りと味:やや苦みがある味で、さわやかな革の香り。
注意点:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。

●学名/Scutellaria laterflora
●科名/シソ科
●ティーに使う部分/葉、茎、花
● 主要成分/フラボノイド、苦味質、精油、タンニン
次⇒セージ