ハーブティー<タイム

強力な殺菌力効果で風邪やぜんそくの症状を緩和

タイムという名前は、ギリシャ語の「勇気」に由来。ヨーロッパでは勇気、気品の象徴とされ、中世の婦人たちは、騎上のスカーフに蜂とタイムの小枝を刺しゅうして、その栄誉をたたえたといわれています。

タイムには多くの品種がありますが、ハーブとしてよく用いられるのはコモンタイムです。これで入れたティーは殺菌力にすぐれ、風邪やインフルエンザ、胃腸炎などの感染症に効果を発揮します。

また、気管支を拡張して浄化し、痕を取り除くことから、気管支炎やぜんそくの症状を緩和します。消化促進作用もあるため、食べ過ぎたときに飲むのもよいでしょう。

効能と飲み方

効能:殺菌、利尿、弛緩、去痕、消化促進、強壮、収れん、鎮痙、抗菌
香りと味:ほろ苦く、キリッとしたすがすがしい味と香り。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。 フレッシュも可。
注意点:妊娠中や授乳中、高血圧の人は、長期にわたる常用、大量の使用を避けて。 ティーを使ってうがいをする(のどの痛みやせきなどに)。
利用法: ティーを使ってフットパスをする(水虫などに)。バスタブに入れて入浴する(筋肉痛に)。料理に使う。ポプリを作って使う(消臭に)。

●学名/Tbymus vulgaris
●科名/シソ科
●ティーに使う部分/葉
● 主要成分/精油、フラボノイド、タンニン、苦味質、サポニン
次⇒ダンデリオン