ハーブティー<ユーカリ

風邪や花粉症の鼻づまりを緩和し、血圧や血糖値を下げるのにも有効

コアラが好んで食べる植物としてよく知られているユーカリ。オーストラリアの先住民族であるアボリジニたちは、このハーブを傷や炎症の外用薬や解熱剤として、古くから利用していたといわれています。

また、アルジェリアやシチリアでは、マラリア対策にこの木が植えられました。 ユーカリは空気を清浄にする植物といえるでしょう。ユーカリティーは、すぐれた抗ウイルス作用があり、風邪やぜんそく、花粉症などによるつらい鼻づまりを緩和させるのに役立ちます。

風邪の予防として飲むのもよいでしょう。また、血圧や血糖値を下げるのにも有効だといわれています。

効能と飲み方

効能:浄化、抗ウイルス、抗菌、抗炎症、殺菌、血圧降下
香りと味:スーツと爽快感のあるすっきりとした味。
飲み方:シングルまたはブレンドで、通常の飲み方を。
注意点:炎症を伴う胆汁管、消化管、肝疾患には禁忌。また、多量に摂取すると刺激が強いので、毎日続けて、長期間の飲用は避ける。
利用法:濃いめに入れたティーを使ってうがいをする(風邪、花粉症に)。

●学名/Eucaiyplus globulus
●科名/フトモモ科
●ティーに使う部分/葉
●主要成分/精油