効能 作り方
   
     

ハーブティー

リラックスしたいときに   ぐっすりと眠りたい  落ち込んだときに  むくみ防止 便秘解消 
ぐっすりと目覚めたい 集中力をアップ 疲労回復 花粉症対策 ダイエット
 かぜの予防 のとが痛いときに 2日良いの朝に 貧血・立ちくらみ
顔のほてる 月経不順・月経通 消化不良 食欲不振 肩こり 美肌効果
夏ばて解消 ニキビ・吹き出物 冷え性を改善



サイト内検索 powered by Google

アグリモ二ー /アンゼリカルート/ アニスシード /アーティチョーク/アシュワガンダ
/アルファルファ/アイブライト/イエロードックルート /エキナセア/エルダーフラワー
/オートムギ/オリーブ/オレガノ/オレンジピール/オレンジプロッサム/カモマイル
/カルダモン/ギムネマ/キャットニップ/キャラウェイ /ギンコウ/クリーパーズ
/クローブ/コーンシルク/ゴッコーラ/コリアンダ― /コルツフット/サフラワー
/サマーセーボリー/シエパーズパース/シナモン /ジャスミン/ジュニパーベリー
/ジンジャー/スカルキャップ/セージ/セロリシード /セントジョンズワート
/ソウパルメット/ターメリック/タイム/ダンデリオン /チェストツリー/チコリ/ネトル
/ハイビスカス/バジル/パッションフラワー/パレリアン /ヒース/ヒソップ/ビルルベリー
/フエヌグリーク/フェンネル/ブラックコホシュ /ホーステール/ホーソンベリ/ホップ
/ポリジ/マーシュマロウ/マジョラム /マテ/マリーゴールド/マルベリー/マレイン
/マロウブルー/ミルクシスル/ミント/メドゥスィー /ヤロウ/ユーカリ/ラズベリーリーフ
/ラベンダ/リコリス/リンデン/ルイボス /レッドクローバー/レディスマントル/レモングラス
/レモンバーベナ/レモンバーム/レモンピール/ローズ/ローズヒップ /ローズマリー
/ワイルドストロベリー/ワイルドヤム


ハーブは色々なものに利用されています。
・食用として
・精油など香り
・ハーブティー
詳しい成分などが調べられない時代から、使われ続けているハーブが多くあり、 人の暮らしに根付いているといえます。

ハーブの効能を得る手軽な方法は、ハーブティーとして飲むことだといえます。 また、ハーブティーとして飲むことで手軽に毎日、続けて摂取することができます。 ハーブティーは、ヨーロッパを中心に愛用されてきており、その数約3000種類以上といわれています。その種類の多さに合わせて効能も様々です。

自分の体調や気分によって、ハーブティーの種類を変えることで、毎日に生活が豊かに楽しくなっていくかも知れません。 ハーブティーは、毎日の体の調子を整えるのみ最適です。薬そのものとは異なりますので、飲んだらすぐに変化が現れるというようなものではありませんが、少しずつ改善されていくもとして飲み続けられています。

ハーブティーの作り方
ハーブティーを作るのは簡単ですが、できるだけ効能を得たい場合には、ポイントがあります。

1.ティーポットを暖めておく。
ティーポットに沸騰したお湯を注ぎ、暖めておきます。そのお湯を捨てて、ハーブを入れます。 *大きな材料は小さく切ってお湯に触れる表面積を大きくしましょう。

2.熱いお湯を注ぐ
ティ-ポットに95度以上の沸騰したお湯を注ぎます。 軟水か新鮮な水道水が最適です。硬水は抽出成分が変化を起こす可能性があるます。

3.ティーコジーをかぶせる
ティーポットに蓋をし、ティーコジーをかぶせます。

4.蒸らす 茎、実や種のハーブの場合は3〜5分蒸らします。
花や葉のハーブと茎 実や種のハーブが混じっている場合は、 時間がかかる茎 、実や種に合わせて 約3〜5分蒸らします。 花や葉だけのハーブを使う場合 花や葉のハーブティーを作る場合、蓋つきのポットで蒸らし、有効成分を 抽出します。少しなくても3分以上蒸らしましょう。必ず蓋をして蒸らすように。

5.カップに注ぐ カップを注ぎます。
ハーブが細かい場合はストレートでこしながら注ぎましょう。


ハーブティーの飲み方
ハーブティーは一日3回に分けて、食後に飲むのがお勧めです。ハーブティーの有効成分は水溶性のもので、これを口から取り入れることで消化官に直接働きかけ、消化間を通して体内に吸収させ血液によって体内を循環して効果を発揮します。数時間たつと汗や尿になって排せつされますので1回に大量に飲むよりも、何回かに分けて飲むことが効能をより得られます。体に合わないと感じたら直ちに飲むのを止めましょう。

ハーブティーの魅力は、効能と美味しさの他に癒やし効果があるのではないでしょうか?ティーカップに注がれた鮮やかな色合いなどは、心を落ち着けてくれます。ハーブを自分で育てる人も多く、育ててティーにするのもとても優雅な生活とも言えますね。

健康茶や日本茶とは異なり、独自の安らぎでリラックスできます。ハーブを複数ブレンドすることで細かな症状への効能が期待できるのも特徴の一つです。現代はネット社会ですので、自宅で手軽にハーブティーを購入することができます。どんなものを選べば良いかなど、色々なサイトがありますので参考になります。

しかし、お店に出向き店員さんに伺ってみるのが一番良いアドバイスを受けられる方法の一つだと言えます。こんな症状に効き飲みやすくしてほしいなど、細かなリクエストもの答えてくれる店員さんがいるはずです。また、店内にはたくさんのハーブ商品が展示してあることがおおく、とても楽しいものです。お店毎に飾り付けや品揃えに工夫がされており、色々なお店にいき自分の好みにあった場所を選ぶとより楽しみも増えるでしょう。