健康茶<アケビ茶

有効成分

アケビは、主に本州に自生するツル状の植物で、若葉は山菜として、果実 も食べられることで知られています。ツルには代謝を促進させるサポニンの一種、アケビオサイドとヘデラゲこンが含まれており、肝臓炎や膀胱炎、尿道炎の改善のほかに、利尿作用によるむくみの軽減にも役立ちます。

ほかには血中コレステロールを軽減させるステロール類や、免疫力を高めるオレアノール酸も豊富に含んでいます。ただし、胃腸が冷えやすい人や妊娠中の人は、直腸炎、肝障害を引き起こす場合があるので、飲用しない方がよいでしょう。

有効成分
サポニン(アケビオサイドとヘテラゲ二ン):溶血作用、強心作用、利尿作用、
抗炎症作用 ステロール類:血中コレステロール軽減作用
オレアノール酸:免疫力を高める

効能

効能
肝臓炎改善/膀胱炎改善/利尿作用/むくみ解消/月経不順改善 コレステロール軽減/尿道炎改善/免疫力強化

肝機能改善
サポニンの働きにより、過酸化脂質を抑制し、肝機能を高めるといわれています。 膀胱炎、尿道炎改善 サポニンの抗炎症作用により、膀胱炎を改善するといわれています。

利尿作用 むくみ解消
サポニンの働きにより、利尿を促し、むくみを解消するといわれています。 コレステロール軽減 サポニンとステロール類の働きにより、血中のコレステロールを軽減するといわれています。
次⇒ナタマメ茶