健康茶<ビワの葉

有効成分

ビワは、バラ科の植物で、誰もが知っている身近な果物ですが、昔から夏パテや食あたりの予防としても、愛飲されていたといわれます。

そんなビワの葉に含まれる成分には、アミグダリン、タンニン、サポニン、クエン酸、ブドウ糖の有効成分があり、これらが相乗効果を発揮し、疲労回復、利尿作用、糖尿病予防、アレルギーの改善など、さまざまな症状に効果を表わすといわれています。

特にビワの種子と乗に含まれるアミグダリンは、「ビタミンB17とも呼ばれ、最近では、ガン予防の効果が期待できるとして話題になっています。

有効成分
アミグダリン:抗ガン作用、鎮痛作用
タンニン :腸内調整作用、抗酸化作用
サポニン :抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用
クエン酸 :疲労回復、食欲増進、肝臓病予防
ブドウ糖 :エネルギー補給、疲労回復、動脈硬化予防

効能

効能
ガン予防/肝臓病予防/胃腸病予防/糖尿病予防/高血圧改善 アレルギ-改善/利尿作用/去痰作用/疲労回復

ガン予防
ビワの葉に含有されるアミグダリンの働きにより、ガンの予防をするといわれています。

利尿作用去痰作用
タンニン、サポニンなどの働きにより、利尿、去痍作用があるとされます。

胃腸秒予防
肝臓秒の予防・改善 ビワの葉に含まれる成分の相乗作用により、胃腸病、肝臓病に効果があるとされます。

糖尿病予防
高血圧改善アレルギー改善 ビワの葉に含まれる成分の相乗作用により、糖尿病予防や高血圧の改善、アレルギー改善に効果があるといわれています。

次⇒マイタケ茶