健康茶<ゲンノショウコ茶

有効成分

ゲンノショウコは、日本原産の多年草で飲むとすぐ効果があるため、古くから「現の証拠」「医者いらず」と呼ばれているほどです。乾燥した茎、葉を煎じて下痢止めとして使われてきました。

主成分のタンニンの強力な収飲作用により、下痢改善や整腸作用に優れた働きをします。最近ではフラボノイドの一種、ケルセチンに抗アレルギー作用や、免疫力強化作用があるとされ、花粉症やアレルギー症状改善、便秘解消に効果的だといわれています。

また、タンニンの抗酸化作用が、高血圧改善にも効果があります。

有効成分
タンニン:収叙作用、抗酸化作用、殺菌作用
ケルセテン(フラボノイドの一種):抗アレルギー作用、免疫力強化作用、細胞膜強化作用 カルシウム:代謝機能の安定作用
フラボノイド:抗菌作用、血管壁強化作用
没食子酸(タンニンの主要成分):抗酸化・還元作用

効能

効能
下痢改善/便秘解消/健胃作用/花粉症改善/高血圧改善/整腸作用 抗菌作用/ 免疫力強化/アレルギー症状改善

下痢改善
タンニンの強力な収飲作用により、下痢が改善するといわれています。

花粉症・アレルギー症状改善
ケルセテンが免疫力を高めるため、花粉症やアレルギー症状に効果があります。便秘解消 フラボノイドの働きにより、便秘が解消するといわれています。

高血圧改善
タンニンの抗酸化作用で老廃物を血管に溜めないため、高血圧改善に役立ちます。

次⇒サンザシ茶