健康茶<ゴーヤー茶

有効成分

ゴーヤーとは沖縄名で、正式名はニガウリになります。熱帯アジア原産、ウリ科・ツル性の一年革です。全面のイボのような凹凸が特長で、名前の通り強い苦味があることで知られています。

ゴーヤーは、ビタミンCが豊富に含まれ、体の免疫力を高めたり、美肌や夏パテ防止に効果があります。種には共役リノール酸が豊富に含まれていて、脂肪滅少の効果があるためやダイエットに期待されています。

また、ゴーヤーの苦味はモモルシチンとチャランチンという成分によるもので、インスリンと同じ効果があるといわれ、血糖値を下げたり、血中の中性脂肪やコレステロールを下げるため、糖尿病に効果があります。 

ただし、カリウムが豊富なので、人工透析を受けている人は、まず医師に相談してください。

有効成分
共役リノール酸:脂肪燃焼作用、抗ガン作用、抗アレルギー作用
モモルデシテン:血糖降下作用、健胃作用、整腸作用 ビタミンC:免疫力強化、抗菌作用

効能

効能
糖尿病予防/健胃作用/整院作用/低血圧改善/高血圧改善/ダイエット効果/夏パテ防止 美肌効果/カン予防/免疫力強化/血糖降下作用/下痢止め効果

糖尿病予防
苦味成分のモモルデシチンとチャランテンが、インスリンの分泌を促し、血糖値を下げることで糖尿病に効果があるといわれます。

健胃・整腸作用
苦味成分の働きにより、胃や腸の働きを活発にし、炎症や荒れを改善する効果があるといわれます。

ダイエット効果
共役リノール酸が、蓄積した内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させることで、効果的に脂肪を落とすことができるといわれています。

美肌肌効果
豊富なビタミンCが、皮膚の免疫力を高めて、美しい肌にするといわれています。

夏パテ防止
モモルデシテンの健胃作用とビタミンCの免疫力強化で夏パテを防止します。

ゴーヤー
ゴーヤーの種に含まれる共役リノール襟が、蓄積した内臓脂肪や皮下脂肪を落とし、ダイエットはもちろん、ガン予防、健康維持に効果的です。また、ビタミンCが免疫力を強化してくれます。

飲み口
苦味も少なく、ほのかな甘味とコクのある味わいのお茶てす。コーヤー特有の風味か気になる場合は、アイスにすると飲みやすくなります。
次⇒健爽元茶