健康茶<ハコベ茶

効能

ハコベは、春の七草のひとつに数えられている、日本各地のいたるところで見られるナデシコ科の越年草です。ハコベは、民間療法で〝ハコベ塩″ (ハコベの葉をしぼった汁に、塩を加え煎ったもの)を歯茎に塗ると歯槽膿漏の予防になるといわれています。

生薬名を〝バンロウ″といい、血の道を司る植物として、産後の浄血や母乳の出をよくするためにも使われていたそうです。成分についてはまだ解明されていない部分が多くありますが、昔から民間療法で使用されるハコベの研究が進めば、さらなる効果が見つかる可能性大です。

有効成分
カルシウム:血液正常化作用、免疫機能補助
鉄:エネルギー代謝補助作用、赤血球生成作用
葉緑素:コレステロール抑制作用、殺菌作用、免疫力強化作用
タンパク質:体を構成
サポニン:血行促進作用、抗酸化作用、コレステロール抑制作用

効能

効能
歯槽膿漏予防/健腸効療/高血圧予防/リウマチ緩和/気管支炎緩和/動機・息切れ改善 肥満防止/ダイエット効果/健胃効果の虚弱体質改尊

歯槽膿漏予防
葉緑素の殺菌作用により、歯槽膿漏の予防になるといわれています。

高血圧予防
葉緑素のコレステロール抑制作用などにより、高血圧を予防するといわれています。

健胃効果
葉緑素が胃の粘膜の保護・修復をするため、胃を正常に保つといわれています。

虚弱体質改善
ミネラルが豊冨に含まれているので、虚弱体質を改善するといわれています。
次⇒キヤッツクロー茶