健康茶<バナバ茶

有効成分

バナバは、熱帯、亜熱帯に広く自生する植物で、主な原産地はフィリピン になります。フィリピンでは「天人花」と呼ばれ、古くから健康によい植物といわれ、珍重されています。

バナバ茶の注目すべき特長は、コロソリン酸という成分が、インスリン(血糖値を上昇しすぎないよう抑える、ホルモンの一種)と同じような働きをするという点です。そのため、バナバ茶は飲むだけで糖尿病改善に効果を発揮します。

また、タンニン、ミネラルも豊富に含まれているので、生活習慣病予防など、幅広い効果が期待できます。

有効成分
コロソリン酸(コロソール酸):血糖値低下作用
食物繊維:活性化作用、毒素排泄作用
ミネラル(亜鉛):インスリン分泌調節作用、免疫力強化作用
ミネラル(マグネシウム):エネルギー代謝作用
タンニン:コレステロール値低下作用、抗酸化作用

効能

効能
糖尿病改善/高血圧予防/ダイエット効果/便秘改善/免疫力強化/肥満防止/生活習慣病予防

糖尿病改善
コロソリン酸がインスリンと同じような働きをし、血糖値を上昇しすぎないように抑えるため、糖尿病を改善するといわれています。

便秘改善
食物繊維が水分を吸収し便を柔らかく膨張させ、腸壁に刺激を与え活性化させるため、便秘に効果的といわれています。

ダイエット効果
コロソリン酸が糖の代謝を促進し、タンニンがコレステロールを低下させます。 食物繊維がコレステロールなどを吸収し体外へ排出するため、ダイエットに効果があります。
次⇒春ウコン茶