健康茶<春ウコン茶

有効成分

ウコンは、ウコンの中でも春にピンク色の花を咲かせるため、こう呼ばれていますが、正式名称は、「姜黄」といいます。秋ウコンよりも精油成分が豊富に含まれているため、より薬効が高いことで人気があります。

根が鮮やかな黄色で、味には刺激性の辛味と苦味があります。主な成分は色素成分のクルクミンで、抗酸化作用やコレステロールを減らす働きがあります。ほかにも、炎症や殺菌に効果があるターメロンをはじめとした精油成分、ミネラル、フラボノイドや食物繊維など、さまざまな成分が含まれています。

有効成分
クルクミン:胆汁の分泌を促進、利尿作用、抗酸化作用、抗炎症作用、コレステロール減少作用 ターメロン:利胆作用、抗菌作用、抗炎症作用
クルクモール:抗腫瘍作用
β-エレメン:腫瘍の増殖を抑える

効能

効能
糖尿病改善/肝障害改善/胃腸障害改善/せんそく改善/便秘改善/ガン予防 結柿予防/二日酔い予防/高血圧予防

糖尿改善
色素成分のクルクミンの抗酸化作用、コレステロール減少作用で糖尿病を改善します。

肝障害改善
クーメロンをはじめとした精油成分が、胆汁の分泌を促進しこ肝臓の働きを活発にします。

コレステロール値低下作用
精油成分の利胆作用により、高くなりすぎたコレステロール値を下げるといわれています。

高血圧予防
カルシウムをはじめとしたミネラル類の働きにより、血流を整え高血圧を予防します。
次⇒ラカンカ茶