健康茶<日々草茶

有効成分

日々草は、キョウチクトウ科の一年草で、西インド諸島が原産地です。血 糖値を下げる民間薬として、西インド諸島の原住民の間で古くから使われています。中国では、〝長春花〟と呼び、さまざまな効能がある薬草として珍重されています。

日々草は、レセルピンの働きによって糖尿病を改善するとして知られています。また、ビンブラスチン、ビンクリスチン、タンニンなどの抗腫瘍作用や抗ガン作用が、ガン細胞の分裂を阻止することで注目されています。

さらに、アルカロイドが、免疫組織を刺激する作用があるため、白血病なども予防します。

有効成分
アルカロイド:免疫組織刺激作用、抵抗力強化作用
レセルピン(アルカロイド):血圧降下作用、精神安定作用
ビンクリスチン(アルカロイド):抗腫瘍作用、抗ガン作用
タンニン:抗ガン作用、抗酸化作用、殺菌作用

効能

効能
糖尿病改善/高血圧改費/ガン予防/小児ガン予防/リウマチ改善/アトピー性皮膚炎改善 白血病予防/精神安定作用/殺菌作用

糖尿病改善
レセルピンなどの働きにより血がきれいになり、糖尿病を改善します。

高血圧改善
レセルピンの血圧降下作用により、高血圧を改善するといわれています。

ガン予防
ビンクリスチンがガン細胞を包み、細胞分裂を阻止させるためガンが自己消滅するといわれています。

小児ガン予防
ビンクリスチンがガン細胞の増殖を阻止するため小児ガンを予防します。
次⇒ノニ茶