健康茶<ヒシ茶

有効成分

ヒシは、全国の湖沼に広く分布する一年草の水生植物です。昔から滋養強壮、消化促進として実を使用したり、全草を煎じて飲めば、酒毒を解毒したり、視力を増強するといわれてきました。

最近では、成分のタンニン、エラグ酸に抗ガン作用があると注目されています。特に胃ガン予防に効果を発揮するといわれ、注目されています。ヒシの葉の有効成分については、まだ解明されていない点が多く、現在も研究が続けられていますが、

豊富に含まれる加水分解型タンニンは、健胃作用、整腸作用、二日酔いなどにも有効だと考えられています。

効能

効能
ガン予防/鎮痛作用/解熱作用/健胃作用/整腸作用/下痢止め 滋養強壮効果/解毒作用/老化防止二/消化促進/二日酔い改善

ガン予防
多量に含まれる加水分解型タンニンとエラグ酸の働きにより、ガンの予防に効果があるといわれています。

健胃作用整腸作用
多量に含まれる加水分解型タンニンの働きにより、健胃作用、整腸作用の効果があるといわれています。

滋養強壮効果二日酔いの改善
解熱作用 ヒシの実には滋養強壮の効果があり、二日酔いの改善や、熱を下げる働きがあるといわれています。

消化促進作用
ヒシの実に含まれる成分作用により、消化促進に効果があるといわれています。

次⇒クマザサ茶