健康茶<クコ茶

効能

クコは、中国や日本に生息しています。ナス科で小さな赤い実を付けます。 薬膳料理や杏仁豆腐などに入っています。日本では、平安時代から漢方や民間薬として使われ、中国では「延命茶」とも呼ば れています。

クコの棄の主な成分は、ベタイン、ルチン、ビタミン類などです。ベタインには天然のアミノ酸が含まれており、余分な脂肪を取り除き血液を 浄化するため、肝機能活性化作用があると言われています。

また、フラボノイドの一種であるルチンに血管強化作用があることから、高血圧症の人にもおすすめです。そのほかには、ビタミンB1、B2、ビタミンCが豊富に含まれているので、毎日の健康維持にも最適です。

有効成分
ベタイン:血液浄化作用、肝機能活性作用
ルチン :血管強化作用
ビタミンC:免疫力向上作用、肝臓の解毒作用促進
ゼアキサンチン:血行促進作用
アルカロイド:疲労回復作用

効能
肝臓病予防/動脈硬化予防/高血圧予防/肩こり改善/疲労回復/老化防止/血行促進 健康維持/免疫力強化/解毒作用/目の疲れ予防 肝臓病予防

ベタインが余分な脂肪を取り除き、ビタミンCが肝臓の解毒作用を促進させます。
高血圧予防
ルチンが血管を丈夫にし、ベタインが血行をよくするので、高血圧を予防します。

疲労回復
アルカロイドが疲れている神経を興奮させるため、疲労回復に効果があります。 老化防止 ルチンが毛細血管を強化するため、老化を防止するといわれています。

クコ茶の作り方

水1リットルと、大さじ1~2杯の茶葉をやかんに入れ、火にかける。沸騰したら、とろ火で7,8分煮詰めて出来上がり。

急須の場合は、大さじ1~2杯の茶葉に熱湯を注いで出来上がり濃さはお好みで。

次⇒菊花茶