健康茶<クチナシ茶

有効成分

クチナシは、古くから実の部分を漢方や着色料として用いられてきました。漢方では、乾燥させた実に血圧降下の効果があるといわれています。ほかには消炎や鎮静、胆汁促進剤としても重宝されてきました。

クチナシ茶の特徴的な有効成分のゲニポサイド(イリドイド配糖体)と、黄色色素のクロチンに血圧降下作用があり、血圧の上昇を抑え、血圧を正常に戻す働きがあります。

ほかには、ゲニポサイド、クロチンが、肝臓障害、肝炎改善、黄疸改善、不眠解消などにも有効といわれています。

有効成分
ゲニポサイド(イリドイド配糖体):血圧降下作用、月日汁分泌促進作用、抗炎作用、 鎮静作用

クロテン(黄色色素):血圧降下作用、毛細血管強化作用、血流促進作用、胆汁分泌の調整

フラボノイド:抗酸化作用、血流促進作用
脂肪油 :腸液の分泌を促進、腸壁の正常化 マンニット:甘味成分

効能

効能
高血圧防止/高血圧改善/黄疸痕改善/肝炎改善/のどの痛み改善/血便改善 血尿改善/不眠解消

高血圧防止・改善
ゲ二ポサイド、クロテンの働きにより、血圧を降下させ、高血圧を防止、改善します。

重症改善
ゲ二ポサイド、クロテンの働きにより、胆汁の分泌を調整し、黄癌を改善します。

肝炎改善
ゲ二ポサイド、クロチンの働きにより、胆汁の分泌を調整し、肝炎を改善します。

不眠解消
ゲ二ポサイドの鎮静作用により、不眠を解消するといわれています。
次⇒コーン茶