健康茶<ギャバロン茶

有効成分

ギャバロン茶は、日本の農林水産省が、80年代に緑茶の生業の保存法を研究している過程で生み出した、偶然の産物なのです。 有効成分にガンマ・アミノ酪酸(ギヤハ(GABA))を多く含んでいることから、ギヤバロンと名づけられました。

ガンマ・アミノ酪酸は、植物中や人間の体内にも存在するアミノ酸の一種で、交感神経を正常な状態に保ち、血圧の上昇を抑制、降下させてくれる効果があります㌣ ほかには、抗酸化作用のあるビタミンC、肝臓の代謝を促進させるアラニン、抗ガン作用のあるカテキンなどが含まれています。

有効成分
ガンマ・アミノ酪酸(ギヤバくGABA):血圧上昇抑制作用、中性脂肪を抑制
ビタミンC:抗酸化作用 アラニン:肝臓の代謝を促進
カテキン:抗ガン作用、抗酸化作用
カフェイン:利尿作用、中枢神経興奮作用、胃液の分泌を促進

効能

効能
高血圧防止/高血圧改善/動脈硬化防止/糖尿病予防/肝機能改善/腎機能改善 ガン予防/認知症予防/脳卒中予防

高血圧防止高血圧改善
ガンマ・アミノ酪酸により血圧の上昇を抑制し、正常に戻す働きをするので、高血圧を防止するといわれています。血圧を降下させる作用もあるので、高血圧改善にも役立ちます。

認知症予防
ガンマ・アミノ酪酸が高血圧による動脈硬化を防ぎ、認知症を予防するといわれています。

肝機能改善
ガンマ・アミノ酪酸が中性脂肪を抑制し、アラニンが代謝を促すため、肝機能改善に役立つといわれています。

次⇒クチナシ茶