健康茶<マタタビ茶

有効成分

マタタビは、猫が食べると腰を抜かすことで有名ですが、果実やツル が生薬として用いられています。疲れた旅人がマタタどの実を食べてまた旅を続けたことから〝マタタビ″という名がついたといわれています。

マタクビは、北日本で〝食べる温泉〟の異名があるほど、血行促進に効果を発揮します。これはアクチニジンやマタタビオールなどの成分が含まれているためで、冷え性の改善になります。

また、倦怠感がとれない時など、就寝前にマタタビ茶を一杯飲むことを続けると疲労回復にもつながります。

有効成分
アクチ二ジン:鎮痛作用、血行促進作用、滋養強壮効果
マタタピオール:血行促進作用、滋養強壮効果
マタタビ酸:抗炎症作用
ポリガモール:利尿作用
ビタミンC:免疫力強化作用、コラーゲンの生成補助、抗酸化作用

効能

効能
冷え性改善/神経痛改善/リウマチ改善/滋養強壮効果/疲労回復/高血圧予防 利尿作用/関節痛改善

冷え性改善
アクチ二ジンやマタタビオールの血行促進作用により、冷え性を改善するといわれています。

神経痛改善
アクチ二ジンの鎮痛作用により、神経痛を改善するといわれています。

疲労回復
アクチ二ジンやマタクビオールの滋養強壮作用により、疲労が回復するといわれています。

高血圧予防
ビタミンCの抗酸化作用こより、高血圧を予防するといわれています。
次⇒アマドコロ茶