健康茶<ナズナ茶

有効成分

ナズナは、「ペンペン草」という呼び名でもよく知られる、アブラナ科の多年草です。春の七草としてもおなじみです。日本各地の畑や空き地など、日当たりのよい土地に自生しているのを目にすることができます。  

ナズナをお茶でいただくと、カリウム、サポニンなどの効用によって利尿作用、便秘改善、高血圧予防に優れているといわれ、古くからそれらの症状の特効薬として利用されてきました。 

また、ジオスミンによる生活習慣病の予防や、コリン、フマール酸の止血作用があります。

有効成分
コリン:高脂血の改善、肝臓の強化
フマール酸:強い止血作用
サポニン:動脈硬化予防、高血圧上昇抑制、肥満予防
ジオスミン:生活習慣病の予防

効能

効能
利尿作用/胃腸病改善/便秘改善/ガン予防/皮膚病予防/動脈硬化予防/高血圧予防/低血圧予防解毒作用/糖尿病予防/高騰血改善/止血作用

利尿作用・便秘改善
優れた成分組織により、利尿作用と便秘改善によいといわれています。

高脂血改善 止血作用
コリンの高脂血の改善や、フマール酸の働きにより、優れた止血作用があるといわれています。

動脈硬化予防
サポニンとフラボノイドの一種であるジオスミンの働きにより、動脈硬化などの生活習慣病を予防するといわれています。
次⇒ウーロン茶