健康茶<ニンジン茶

有効成分

ニンジンと一口に言っても、野菜として食べられているセリ科の食用ニンジンのほかに、ウコギ科の薬用ニンジンがあります。旬このニンジン茶は、食用ニンジンの根を使用したものです。

ニンジンにはβ-カロテンを多く含み、体内でビタミンAに変化し皮膚や粘膜を正常に保ちます。そのほか、水溶性食物繊維のペクチンが含まれているので、便秘の解消に効果を発揮しますし、サポニンには抗ガン作用や血行促進などの働きがあります。

ニンジン茶は口当たりがよく、ニンジン嫌いの人でも飲みやすいので、ニンジンを食べる代わりの飲用もおすすめします。

有効成分
サポニン:抗ガン作用、血行促進、抗酸化作用、コレステロール抑制作用
ペクチン:整腸作用、コレステロール抑制作用
β-カロテン:活性酸素除去作用、ビタミンAに変化し皮膚や粘膜を正常に保つ
α-カロテン:活性酸素除去作用
ポリフェノール:抗酸化作用

効能

効能
便秘解消/ガン予防/冷え性改善/眼精疲労改善/美肌効果/疲労回復/ダイエット効果 皮膚病改善/整腸作用

便秘解消
ペクチンの整腸作用により、便秘を解消するといわれています。

冷え性改善
サポニンの血行促進作用により、冷え性を改善するといわれています。

眼精疲労改善
β-カロテンが眼の潤いを正常に保つので、眼精疲労の改善につながるといわれています。

美肌効果
ペクチンは、便秘が原因の肌荒れを解消させ、β-カロテンが皮膚を正常に保つので、美肌に効果があるといわれています。
次⇒パパイヤ茶