健康茶<オリーブ茶

有効成分

オリーブの果実から採れる、オリーブオイルは、食用としてはもちろんのこと、ヨーロッパでは昔から美容や健康によいとされてきました。果実だけでなく、お茶として使われる糞にもオレウロペイン(ポリフェノールの一種)や、アピゲこン、ルテオリン、ケルセチン、カルシウム、鉄分、トコフェロール(ビタミンE)といった有効成分が、数多く含まれています。

特にオレウロペインやアピゲニン、ルテオリン、ケルセチンといったフラボノイドには血液の流れを促進する効果があるため、冷え性が原因の便秘解消に最適です。

有効成分
オレウロペイン(ポリフェノールの一種): 活性酸素除去、コラーゲン生成の補助、抗ウイルス作用、血行促進作用
アビゲニン:鎮静作用、抗ストレス作用、鎮痙攣効果、血行促進作用
ルテオリン:肝臓の解毒、抗アレルギー作用、抗酸化作用、血行促進作用
ケルセテン:アレルギー抑制、抗酸化作用、肝臓・脂肪吸収抑制作用、血行促進作用
トコフェロール(ビタミンE):脂肪酸の酸化防御、皮膚の血行、新陳代謝の促進

効能

効能
便秘解消/美肌効果/胃腸病改善/ダイエット効果/老化防止/生活習憎病予防 肝臓病予防/新陳代謝促進

便秘解消
ケルセチン、トコフェロールの働きにより、冷え性が原因の便秘が解消するといわれています。

美肌効果
オレウロペインがコラーゲン生成の補助の働きをし、トコフェロールが皮膚の血行と新陳代謝を促進するため、美肌に効果があります。

胃腸病改善
アピゲ二ンの抗ストレス作用により、神経性の胃腸障害を改善するといわれています。

生活習慣病予防
ルテオリン、ケルセチンなどの抗酸化作用により、生活習慣病を予防するといわれています。
次⇒スイカ茶