健康茶<プアール茶

有効成分

プアール茶は、中国では飲茶などと合わせるお茶として、日常的に飲まれています。プアール茶の名産地は中国雲南省で、雲南大菜種という品種から採れる茶葉を後発酵して作られます。

後発酵とは、黒麹菌(味噌や酒を発酵させる麹かびの一種)で発酵させる製法のことです。この発酵により脂肪分解酵素であるリパーゼが発生し、余分な脂肪分を分解、排出しますので、ダイエット効果や肥満改善、糖尿病改善の働きをします。

さらに、熟成茶重合カテキンが、体重増加のリバウンドを抑制する効果があると、注目されています。

有効成分
リパーゼ:脂肪分解作用 熟成茶重合
カテキン:脂肪吸収抑制作用、整腸作用
必須アミノ酸:リパーゼ活性化作用
メチオニン:肝臓代謝促進作用、抗酸化作用、コレステロール抑制作用
鉄分:エネルギー代謝促進作用

効能

効能
ダイエット効果/肥満改善/糖尿病改善/健胃効果/整腸作用/利尿作用 肝機能改善/便秘解消/むくみ防止

ダイエット効果
脂肪分解酵素リパーゼが余分な脂肪を分解し、熟成茶重合カテキンが脂肪の吸収を抑えるため、リバウンドなくダイエット効果が得られるといわれています。

糖尿病改善
リパーゼが余分なコレステロールを排出するため、糖尿病が改善されます。

便秘解消
熟成茶重合カテキンが腸を整えるため、便秘が解消するといわれています。
次⇒シークワーサー茶