健康茶<ラフマ茶

有効成分

ラフマ(羅布麻)は、中国の黄河流域からシルクロードに自生するキョウチクトウ科の多年草です。ラフマ茶は、ミネラル分が豊富なこともさることながら、フラボノイド(イソクエルシトリンとハイベロサイド)が含まれているのが最大の特長です。

このフラボノイドが、腸でケセルチンという物質に変わり、血中コレステロールを低下させ、血圧を安定させます。また、ハイペリン、カルシウム、マグネシウムの働きによって血圧を正常にしますので、高血圧はもちろんのこと、生活習慣痛に悩んでいる人に、最適なお茶といえます。

有効成分
フラボノイド(イソクエルシトリンとハイベロサイト):血中コレステロール値低下作用、血圧正常化作用、免疫力強化

ヒスタミン:血管拡張作用
ハイペリン:血圧正常化作用
カルシウム:血液正常化作用、免疫補助作用
マグネシウム:カルシウムの排出作用、代謝補助作用

効能

効能
高血圧予防/動脈硬化予防/肝障害防止/風邪予防/不眠解消/コレステロール低下作用 免疫力強化/老化防止

高血圧予防
ケセルチンが血中のコレステロールを下げ、ヒスタミンが血管を拡張させます。ケセルチン、ヒスタミン、ハイペリンの相乗作用にヰり、高血圧を予防するといわれています。

動脈硬化予防
ケセルチン、ヒスタミンなどの働きにより、血液をサラサラにし動脈硬化を予防するといわれています。

風邪予防
フラボノイドの働きによりドーパミンが分泌、NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、風邪のウイルスに対する免疫が向上します。
次⇒アルフアルファ茶