健康茶<シークワーサー茶

有効成分

シークワーサーは、主に沖縄に自生するミカン属の柑橘類です。沖縄の方言で、〝シー″は酸っぱい、〝クワーサー″は食べさせるの意味があります。またの名をヒラミレモンといい、柑橘類特有のフラボノイドの一種であるノビレチンを、皮に多く含んでいます。  

その含有量は、他の柑橘類に比べ、2~12倍にもなります。ノビレチンは近年の研究により、血糖値や血圧の上昇を抑える効果があることがわかってきました。さらに、ヘスペリジン、ペクチンという成分にも、糖尿病の改善に役立つ作用があります。

有効成分
ノビレチン:血圧正常化作用、血糖値降下作用、抗ガン作用、中性脂肪の減少、抗炎症作用
ヘスペリジン:血管壁の強化、ビタミンC吸収補助、抗酸化作用
ペクチン:コレステロール値低下作用
βクリプトキサンチン:抗ガン作用
ビタミンC:コラーゲン生成補助、抗酸化補助作用

効能

効能
糖尿病改善/高血圧改善/動脈硬化予防/慢性リュウマチ予防/ガン予防/肥満予防 抗炎症作用/美肌効果

糖尿病改善
ノビレチンが血糖値を下げるため、糖尿病の改善になるといわれています。

高血圧改善
ノビレチンが血圧の上昇を抑えるため、高血圧を改善するといわれています。

動脈硬化予防
ノビレチン、ヘスペリジン、ビタミンCなどが動脈硬化の予防に役立ちます。

ガン予防
ノビレチン、βクリプトキサンチンの働きにより、ガンを予防するといわれています。
次⇒日々草茶