健康茶<ウーロン茶

有効成分

日本でお馴染みになったウーロン茶ですが、実は緑茶と同じツバキ科の チャノキを原料として作られているのです。緑茶は、茶葉を発酵させずに乾燥させたもので、ウーロン茶は、発酵を 中程度にとどめたものなのです。

紅茶は完全に発酵させたものですので、 ウーロン茶は紅茶と緑茶の中間的な お茶といえます。緑茶より発酵させているため、タンニンが少なくなり胃にも優しいといえます。

ウーロン茶には、カフェイン、カテキン、テアニン、テアニン、ポリフェール、タンニン などの成分が含まれており、利尿作用、肥満防止、抗菌・ガン予防、高血圧予防 など多くの効能があると言われています。

ウーロン茶の有効成分
カフェイン:利尿作用、覚醒作用、疲労回復
カテキン:ガン予防、血圧上昇抑制、抗菌・抗ウイルス、虫歯予防
テアニン:リラクゼーション効果 ウーロン茶
ポリフェノール:肥満防止、虫歯予防
タンニン:抗酸化作用、下痢予防
多糖類:血糖低下作用

効能

ウーロン茶の効能
利尿作用/肥満予防/老化防止/虫歯予防/リラクゼーション効果/ガン予防/ 高血圧予防/消化促進

利尿作用
カフェインの働きにより、利尿作用を促進します。

リラクゼーション効果
アミノ酸の 一種であるテアニンの働きにより、リラックス効果があるといわれています。

肥満防止
ウーロン茶ポリフェノールという成分が、すい臓から排出されるリパーゼの働き を阻害することで脂肪の吸収を抑えると言われています。 カフェインが含まれていますので、就寝前は避けましょう。
次⇒ごぼう茶