健康茶<ユズ茶

有効成分

ユズは、ミカン科の常緑樹で、芳しい香りの果実をつけます。日本では冬至にユズ湯に入る習慣があるので、古くからなじみのある植物です。このユズ茶は、ユズの実を薄切りにして砂糖やハチミツで漬け込み、それをお湯で溶かして飲む韓国の伝統的な健康茶です。

ユズ茶の特長は、コラーゲン生成補助の働きをするビタミンCが、レモンの約3倍もあることです。そのほかにも、血行をよくするビタミンE、抗酸化作用のあるフラボノイドなど、肌によい成分が多く含まれていることです。

また、ビタミンCは風邪の予防にも効果的です。

有効成分
有機酸(クエン酸、リンゴ酸など):胃酸分泌作用、抗菌作用
ビタミンC:コラーゲン生成補助、抗酸化作用
ビタミンE:抗酸化作用、血行促進作用
フラボノイド:抗酸化作用、血中コレステロール減少、抗ウイルス作用、血圧降下作用
ペクチン:血糖値上昇抑制、コレステロール排出作用、血圧降下作用

効能

効能
美肌効果/疲労回復/高血圧予防/糖尿病予防/風邪予防/神経痛解消 ダイエット効果/免疫力強化作用

美肌効果
ビタミンCがコラーゲンの生成を補助し、肌にバリを与えるといわれています。

風邪予防
ビタミンCなどが免疫力を強化するので、風邪を予防するといいます。

高血圧予防
ペクチンのコレステロール排出作用などにより、高血圧を予防するといわれています。

糖尿病予防
フラボノイドやペクチンの働きにより糖尿病を予防するといいます。
次⇒オリーブ茶