効能 作り方
   
     

健康茶 効能

健康茶には色々な種類があります。健康茶の特徴を知って、自分に合った効能や味を探しましょう。


杜仲茶 効能頭皮トラブル 小豆茶ハトムキ茶ショウガ茶

肥満防止 タンポポ疲労回復 クコ茶 解熱効果 キクの花茶老化防止 ヨモギ茶

滋養強壮 高麗人参茶胃弱改善 ハブ茶健胃整腸 アシタバ茶

ストレス改善アマチャズル高血圧予防 カキの葉茶イチョウ茶

コンブ茶動脈硬化予防 シイタケ茶動脈硬化予防 ソバ茶

どくだみ茶 効能黒豆茶下痢止め オオバコ茶

利尿作用 カキドオシ茶スギナ茶アレルギー改善 シソ茶

花粉症改善 ルイボスティー花粉症改善 甜茶

ベニバナ茶更年期障害改善 サフラン茶黒豆茶

秋ウコン茶クミスクチン茶グァバ茶ゴーヤー茶 健爽元茶アマランサスティー

シジュウム茶スギの葉茶ユキノシタ茶アガリクス茶 アロエ茶クマザサ茶

ヒシ茶ビワの葉マイタケ茶メシマコブ茶アスナロ茶オトギリソウ茶

ブルーベリー茶メグスリノキ茶 ウラジロガシ茶ゲンノショウコ茶サンザシ茶

ゲットウ茶タラ葉茶ナツメ茶 イチジクの葉茶ギャバロン茶クチナシ茶

コーン茶松葉茶ラフマ茶アルフアルファ茶 ナルコユリ茶アケビ

ナタマメ茶ギンネム茶モロヘイヤ茶月見草茶 蓮茶プアール茶

シークワーサー茶日々草茶ノニ茶 葉ニンジン茶バナバ茶春ウコン茶

ラカンカ茶マタタビ茶アマドコロ茶クロモジ茶ザクロ茶モモの葉茶

ユズ茶オリーブ茶ごぼう茶 効能スイカ茶ニンジン茶 パパイヤ茶

ヤーコン茶アマ茶ハコベ茶キヤッツクロー茶レイシ茶ハマ茶オカラ茶

タヒボ茶スイカズラ茶ナズナ茶ウーロン茶

サイト内検索 powered by Google


  • 健康茶とは
  • 効能
  • 作り方
  • 飲みのくい場合は?

健康茶とは

健康茶とはどんなものを指すのでしょうか?「体を良くしてくれるお茶」のことで 体にいい成分を含むお茶を総称して読んでいます。ただし、一口に健康茶といっても使用される原料などによって成分や効能も変ってきます。

健康茶 効能

健康茶にはたくさんの効能があり、ダイエット効果、肥満防止、疲労回復、老化回復、 胃弱改善など数多くあります。どのように飲んだら良いか、知識を得ておきま しょう。しっかりとした知識がないとせっかくの効能が半減してしまいます。

健康茶は、薬とは違い飲んだらすぐ効能が得られて、体の調子がよくなるものではありません。徐々に体に調子を整えていくものです。毎日、飲み続けることが重要です。 焦らず、健康茶を毎日のみ続けましょう。ただし、体に合わないと感じたときには直ちに飲むを止めましょう。

健康茶を作り方

効能をしっかり得るためには、煮出す方法が最適です。ティパックは、手軽で急須などで入れると便利ですが、より多くの成分を抽出するには、やかんなどで煮出すほうが高い健康茶の効能が得られます。また、やかんなどの ふたを開けたまま煮ることで不純物が排出されやすくなります。

煮出す時間は、原料によって変ってきますので各ページを参考にしてください。タンニンが多い健康茶の場合には、鉄製の容器で煮出すとタンニン鉄となって腸で吸収されなくなってしまいます。タンニンが少ない場合には、鉄製の容器で煮出すことで鉄分も一緒に摂ることができます。

飲みのくい場合は?

独特に臭いやくせなどで苦手な味の健康茶もあるかも知れません。そんな場合は、茶葉をちょっと炒って香ばしくしてから煮出すと飲みやすくなります。また、飲みやすい玄米茶番茶などを少し混ぜるのも良い方法です。口当たりがグンとやわらかくなります。 何種類かをブレンドして飲むのもお勧めです。健康茶によっては、砂糖や蜂蜜を加えていいですね。

長く楽しくを心がけて
健康茶には、色々な種類があります。自分の体の調子を考えて無理なく飲んでいくことがポイントです。同じものばかりでは無く、数種類お気に入りのものをストックしその日の体調などに合わせて飲めると理想的です。普段からの体の不調がある症状をベースにして飲むやすいものなどがお勧めです。

香りなどを楽しめるハーブティーなどと併用していくのもいいですね。長く飲み続けていくこともは、工夫して楽しむことが必要です。体にいいからといって無理やり飲んでいても長続きしないものです。お茶をおいしく楽しんで飲むように、器を変えてみたりブレンドしてみたりと変化を少し付けてみるのもいいでしょう。部屋の環境を変えたりして雰囲気作りをしてみるのもいいですね。

健康茶を飲んでリラックスすることができれば、副交感神経などが働き色々な症状の改善につながります。普段、仕事や家事が忙しくてトイレや休憩する時間を疎かににしている人は時間を決めて、健康茶を飲む時間を確保すると良いでしょう。水分をしっかり摂ることやトイレに定期的にいくことは、健康を維持する上で重要なことです。時間を確保してあげることで、水分の確保ができます。水分を確保すれば自然と利尿効果や便意などにも気づき、自然な排便などにもつながります。また、いっきに飲むより定期的に飲む方が効能が得られやすいともいえます。

現代ではサプリメントや薬に似たもので、症状を緩和させるものが多く販売されていますが、出来る限り人工のものに頼らず自然のものにしておくことは、安全で安心といえます。その上でも健康茶は理想的なものといえます。

ただし、健康茶を飲んでいると何かおかしいと感じたり、副作用ではないかと感じた時には飲むのを止めましょう。健康茶だから大丈夫だと思い込まないようにしましょう。効能がある反面、副作用はないわけではありません。妊婦さんや持病をかかえている人は、特に気配りが必要です。